しかぶったのぶろぐ

おもらしっ娘のCGや漫画などを公開しています。

タグ:おもらし考察シリーズ

おもらし考察シリーズその④ 恐怖失禁

極限状態における急性ストレス反応により、失禁してしまう症状。
ホラー作品などで度々描かれており、一般作品では限界失禁よりもお目にかかりやすい。

何とかピンチを乗り切った後、自分の状況に気付いて羞恥の表情を浮かべる姿がたまらなく良い。
また、事後にジャージやスエットなど、色気の無い衣装に着替えた姿も何とも情けなくて良い。

ただし、ピンチを乗り切れなくジ・エンドになってしまったり、グロとセットになりやすかったりするので、耐性が無い人は要注意。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

おもらし考察シリーズその③

夏の定番スタイル。スカートと違い下着が見えない(または見えにくい)が、大きく露出した生脚がまぶしい。

ピタパンと同様にシミが大きく広がりやすいのが特徴で、おもらししてしまうとバレやすく恥ずかしい。ピタパンと大きく異なるのは、丈が短いためおしっこが脚を伝い滴り落ちるという点である。その姿は何ともエロティック。

脚の露出が高いため、真夏の冷房には要注意。特に冷え性のだと身体が冷えておしっこが溜まりやすくなるので気をつけよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

おもらし考察シリーズその② ロングスカート

ピタパンとは対照的に、シミができにくく、濡れたとしても裾くらいのものなので、おもらししてもバレにくい服装である。

そのため、足下に出来た水たまりをなんとかすることさえできれば、そのままやり過ごすことも可能。
また、濡れたパンツが気持ち悪いのであれば、スカートがめくれにくく、階段などで中を覗かれる心配も少ないので、ノーパンになるといいだろう。

従って、野外おもらしプレイ初心者におすすめ。その際、靴だとおしっこが中に入り込んでしまうかもしれないので、サンダル等にするといいだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

おもらし考察シリーズその① ピタパン

おもらししてしまったら恥ずかしい服装No.1。

女性器の構造上、他の服装では前が濡れることはあまりないが、ピタパンだとおしっこが前に流れやすく、おしりだけではなく前もシミが広がりやすい。
内股も大きく濡れてしまい、「水たまりに転んだ」という言い訳が通じないのも特徴。

また、濡れた不快感も他の服装とは比べものにならないため、羞恥心を強くさせてしまう大きな原因となっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ